レクサプロは市販されてないの? 他の薬と併用していい?

レクサプロは市販薬として販売されてない? 他の市販薬との併用は?

レクサプロは市販薬としては販売されていません。となるとどうすれば購入できるのでしょう。

 

レクサプロの市販は法律で禁止されている


レクサプロには市販薬がありません。なぜならば「レクサプロを市販薬として売ってはいけない」と法律で定められているからです。ですから、市販薬が売られていることは絶対にありません。

 

仮に、薬局・ドラッグストアに市販薬として陳列されているのを見かけたらそれは100%違法な品物です。

 

レクサプロは市販薬として販売することはできませんので、販売しているお店そのものに近づかない方がいいでしょう。それ以外の品物も違法な物だったり、偽物が混じっていたり、トラブルに巻き込まれることもあるかもしれません。効果がないならまだいい方で、悪質な副作用が出てしまう可能性もあります。

 

レクサプロは都道府県知事の申請を受けた業者だけが特別に取り扱いを許されています。その上卸し先は医療関係者だけですから、間違ってもドラッグストアや一般薬局に市販薬として置かれることはないのです。

 

レクサプロがどうしても欲しければ、病院で診察を受けるのが正攻法でしょう。そうすれば、粗悪品を手にしてしまう危険もありませんし、治療に関する他の施策も講じてもらえるでしょう。

 

ですが、多忙な人には病院に行く時間がないかもしれません。レクサプロをもらえればいいという人にとっては毎回の診察費や交通費もできれば削りたい出費です。このようなコストを削減して市販薬を買うような安価にレクサプロを購入する手段もあります。

 

レクサプロを安価に購入したいなら個人輸入代行


個人輸入を利用すると手軽に入手できます。かりに日本国内では市販薬として出回っていないものでも、安く簡単に購入できるでしょう。普段からネットで買い物をしている方には、併せて個人輸入代行を使っている人もいるかもしれません。

 

海外には市販薬として販売されている場合でも、日本では市販薬としての販売が許可されていないものもあります。これは個人輸入代行を使えば、手間もなく買うことができます。レクサプロを病院に行くことなく、ネットショッピング感覚で簡単に買えるのです。薬がなくなるたびに通院はしなくてもいいので交通費も診察費もカットできますから、トータルコストはかなり削ることができます。時間もかかりませんので多忙で病院に行けない人でも利用できます。

 

ですが、今日初めて個人輸入という物を知った人には、どの個人輸入代行業者を利用すればいいのかわからないと思います。というわけで、個人輸入代行業者から、値段に着目してリストを作ってみましたので是非ご覧ください。

 

※下記はレクサプロジェネリック20mg 1錠あたりの価格です

 

  1錠価格 ショップ 詳細
43円(最安値!) オオサカ堂 詳細
63円 お薬なび 詳細
89円 ベストケンコー 詳細

 

レクサプロそのものについても知っておきたい

 

レクサプロは個人輸入もでき安く便利にネット通販できます。しかし、「まだ使用したことがない」という人は、まずレクサプロがどいういう医薬品なのか知っておきましょう。

 

⇒ レクサプロの効果について解説したサイト

 

上記のサイトでは、レクサプロの効果や副作用、妊娠中の服用、飲み合わせなど、さまざまな側面からレクサプロのことを解説しています。いきなり服用することは避け、まずは↑のサイトでレクサプロについて知っておきましょう。

 

レクサプロと市販薬は併用してもいい?

 

レクサプロは病院で診察を受けずに個人輸入代行で手に入ります。しかし、病院で処方してもらった時と違い、他の市販薬との飲み合わせを自分で考えなければなりません。ここからは代表的市販薬との飲み合わせをチェックしましょう。

 

NSAIDs(解熱鎮痛剤)との飲み合わせ


NSAIDsは「ロキソニン」や「ボルタレン」などの解熱鎮痛剤の一種です。

 

NSAIDsの副作用の一つとして血液をサラサラにするという物があります。、一方レクサプロは出血しやすくなるという副作用を持っています。

 

この二つの副作用が重なると血が止まりづらくなり、大量に出血してしまうというリスクが高まります。ですから、レクサプロとNSAIDsは併用しない方がいいでしょう。

 

もしもどうしても鎮痛剤が必要であるならアセトアミノフェン系の鎮痛剤、市販品であればバファリンなどを利用するといいでしょう。

 

胃腸薬との飲み合わせ


市販薬の胃腸薬には色々な物があります。

 

  • 胃の働きを助ける(健胃消化薬・健胃薬)
  • 胃酸分泌を抑制する(H2ブロッカー)
  • 胃酸そのものを中和する
  • 胃粘膜を保護する
  • 胃の筋肉のけいれんによる痛みを緩和する
  • 消化酵素を含みで消化を助ける
  • 上記さまざまな症状に対応できる総合胃腸薬

 

胃腸薬なら、レクサプロの副作用による吐き気の副作用を治療できる相性のいい飲み合わせと言えます。

 

レクサプロで食欲不振や吐き気の副作用が出たら、

 

食欲不振 … 胃の働きを助ける(健胃消化薬・健胃薬)
吐き気 … さまざまな症状に対応できる総合胃腸薬

 

と症状に併せて胃腸薬を活用しましょう。

 

レクサプロと胃腸薬は相性がいいといえます。むしろレクサプロによる副作用を治療が可能です。

 

風邪薬や花粉症薬との飲み合わせ


風邪薬・花粉症薬の代表的副作用は眠気です。そしてレクサプロの副作用も眠気ですから、これはあまり相性のよくない組み合わせと言えます。それぞれの薬の眠気が合わさると大きすぎる眠気になってしまいますので、もしもレクサプロと併用したいのであれば眠気のでない薬を選択します。

 

風邪薬と花粉症の眠気の原因となるのは「抗ヒスタミン薬」です。これが入っていない、もしくは改良されて眠気が少なくなった第二世代抗ヒスタミン薬配合の薬をえらぶといいでしょう。

 

眠くならない風邪薬・花粉症薬
代表例:パブロン50、改源かぜカプセル、アレグラなど

 

前二つは抗ヒスタミン薬を含んでいませんから、くしゃみや鼻水を抑える効果も低くなっていません。とはいえ初期の風邪であれば対応できるでしょう。

 

アレグラは第二世代抗ヒスタミン薬を利用しているので効果を落とさずに眠気が抑えられています。

 

レクサプロがどんな薬か解説


レクサプロの概要についてお伝えします。レクサプロとは、成分がエスシタロプラムシュウ酸塩という、選択的セロトニン再取り込み阻害薬です。この薬剤は、セロトニンに選択的に作用し、脳内での細胞外5-HT濃度を持続的に上昇させることにより、5-HT神経系を賦活化し抗うつ作用を示すと考えられます。 また、アロステリック効果と言って、酵素と基質が結合する通常の部位以外のところに代謝産物が結合して酵素の活性を変化させる効果を持つことによって、作用時間が持続するような特徴を持っています。

 

この薬剤は、セロトニンという物質が関係しますが、セロトニンの受容体は、胃腸などの消化器にも存在し、その部分に対しても刺激されることで、吐き気や下痢などといった症状を引き起こす可能性もあります。

 

また、不眠や、幻覚などの症状が発現することもあり、服用において、注意が必要になります。服用し始めて、生活に支障が出てしまうようなことがあれば、相談の上、薬剤を減量したり、他に薬剤を追加して、副作用をやわらげるような工夫が必要になります。自己判断で中止したすることなく、必ず、医師や薬剤師の判断を仰ぎながら、継続の必要性を考える必要があります。

 
http://paintgods.com/ http://www.latourane.com/ http://passtore.net/ http://dampfinator.com/